モノづくりが好きアイコン
鉄鋼業 

質の高い鉄を造り
質の高い部品を提供

フリー鉄鋼業

素材の一つである鉄を作り出す、または鉄を加工して部品などあらゆるものを製造する仕事。
固くて強く、自在に加工しやすいことから、自動車や船舶、住宅、通信機械など、身の回りの家電から大規模なインフラまで、幅広い産業で利用されている。
基本的には企業間で取引されるBtoBのビジネスが多いが、もはや私たちの生活は鉄なしには成り立たない。
リサイクル性に優れた素材としても注目されている。

鉄鋼業こんな人に向いてます

市場規模 17.8兆円
出典:平成28年経済センサス 活動調査 産業別集計(製造業に関する集計)≪総務省統計局≫

取得すると役に立つ資格
CAD
鋳造技能士
金属溶解技能士 など

この業界のいいところ
様々な産業と結びついた必要不可欠な産業
金属が形になり、作り出す喜びを感じられる
特殊な技術を身につけることができる

  鉄鋼業(鋳造)の仕事の流れ一例  

営業

自社PR
情報交換

 
 

図面確認 / 3D-CAD

鋳造可否確認
重量計算
形状確認
 
 

見積

 
 
 

受注

 
 
 

造型 / 中子

上型、下型、砂型を制作
 
 

型合わせ

製作した型の組み立て
 
 

注湯

 溶かした鉄を型に注ぐ
 
 

 冷却

 1日かけて鉄を冷却

 
 

 解枠

 砂型から製品を取り出す

 
 

 仕上げ

 湯道やバリを機械で除去

 
 

最終検査 / 出荷

 外観および品質チェック

 
 

こんな会社があります!

日本の産業を支えているのは、
俺たちだ!!

大手自動車メーカーにて活躍する産業用ロボットの鋳造部品製造を中心に、自動車部品を製造する機械やスマートフォン・デジタル機器などを製造する機械、また住宅や大型建造物の建設に使用される建設機械など、あらゆる機械の部品製造を行っております。
我々の製造する部品が無ければ自動車も作れない、国内産業には欠かせない、ものづくりの中のものづくり産業です。

合資会社松野鋳造所 仕事風景

この作業が最終的な製品の良否を決める! この作業が最終的な製品の良否を決める!ここまでの工程技術がすべて集約される最終型合わせ。 鋳造の鉄則は、静かに、そして速く 鋳造の鉄則は、静かに、そして速く指定材質に調整後1500℃の鉄を型へ。真っ赤な鉄を注ぐと中の空気が一気に燃え始めます。 仕事半分、遊び半分 仕事半分、遊び半分3Dプリンターと3D-CADを活用し遊び半分で色々なものを作成。オリジナル製品が登場する日も近い!?  

合資会社松野鋳造所 キャリアプラン
合資会社松野鋳造所 先輩
Q.この仕事に就いてよかったことは何ですか?
A. 思っていた以上に職人技術が多く、失敗もありますが、自分の技術力の進歩が目に見えるので楽しく、自信が持てるようになったことです。時間を忘れるほど夢中で取り組んでいます。
 
Q. この仕事で学んだことは何ですか?
A. 主任として部下をまとめていますが、人に教えることは難しく、苦戦することも多々。的確で効率的な指導のためには、相手の話に耳を傾けることが何よりも大切であるということを学びました。
 
 
小林 生織さん
製造部かぶせ/静岡県立藤枝北高等学校/2013年度入社