フリー電気業

個人や企業の需要に応じて電気を供給し、安定したインフラ環境の提供をする仕事。
発電所でつくられた電気は、送電線でいくつもの変電所を経由しながら次第に電圧を下げ、配電線を通して遠く離れた街へと運ばれていく。
資源に乏しい日本は、発電施設の稼働に必要な燃料の多くを輸入に頼っており、将来的に枯渇する心配や地球温暖化問題も懸念されているため、再生可能エネルギー(太陽光・風力など)が注目されている。

電気業こんな人に向いてます
市場規模  20.7兆円
出典:平成28年経済センサス 活動調査 産業別集計《総務省統計局》
取得すると役に立つ資格
電気工事士
電気工事施工管理技士
電気主任技術者 など
この業界のいいところ
社会への貢献度が高くやりがいがある
身につけると一生困らない技術を得られる