カラダを動かすことが好きアイコン
警備業

「安心・安全」がモットー
物や人、施設を守るガードマン

フリー警備員

警備業とは、依頼を受け、建物やモノ、人に対して事故や問題が起こるのを防ぐこと。
資格がなくても警備員にはなれるが、特定の仕事をする際には、国家資格が必要。
防犯カメラが異常を感知した場合に駆け付ける「機械警備」、ビルやデパートなどに常駐し、出入りの管理や巡回を行う「常駐警備」、イベント会場や駐車場などでの交通誘導をする「交通誘導警備」、貴重品や現金を運搬する「運搬警備」、要人を守る「身辺警護」などがある。

警備業こんな人に向いてます

市場規模 3.6兆円
出典:ALSOK 業界データ 警備業の概況「令和元年における警備業の概況」に記載の売上高<全国警備業協会>

取得すると役に立つ資格
上級救命講習
交通誘導警備業務検定2級
雑踏警備業務検定2級 など

この業界のいいところ
近年、警備員の需要が増加中
救命に関する知識などが得られる
国家試験取得を目指せる

市場規模 3.6兆円
出典:ALSOK 業界データ 警備業の概況「令和元年における警備業の概況」に記載の売上高<全国警備業協会>

取得すると役に立つ資格
上級救命講習
交通誘導警備業務検定2級
雑踏警備業務検定2級 など

この業界のいいところ
近年、警備員の需要が増加中
救命に関する知識などが得られる
国家試験取得を目指せる

 貴重品運搬警備員の仕事の流れ一例  

出勤

専用の制服に着替え、点呼
 
 

出発

2人1組で現金トランクなど積み込み
 
 

訪問先へ

ATMの現金補充や売上金の回収、釣銭配送など
 
 

休憩

 
 

訪問先へ

売上金の回収など
 
 

帰社

荷物を降ろし、業務報告書作成
 
 

退勤

 
 

こんな会社があります!

使命感を持って
お客様の貴重品を安全にお届けします

警備輸送業務とは、警備輸送車両に2人1組(運転手・警乗員)で乗務し、お客様からお預かりした貴重品(現金、有価証券、重要書類など)を警備・警戒しながら安全かつ確実に運搬する業務です。
お客様の「大切な財産」を運ぶため、警備員は専門教育・指導を受け、より良いサービスを提供します。
ビジネスセンター業務とは、量販店・小売店などの売上金の集配金業務や様々な金融機関の現金の計算・整理・保管を行う、銀行業務を行っています。

日本通運株式会社 静岡警送支店 仕事風景

特殊車両で厳重警備中 特殊車両で厳重警備中警備輸送車両は2人1組で乗車します。安全運転でお客様の財産を守ります。 お客様の売上金を計算 お客様の売上金を計算専用の機械で現金を計算します。常に緊張感と責任感をもって作業に取り組んでいます。 従業員は10~60代までと幅広く活躍中! 従業員は10~60代までと幅広く活躍中!男女ともに和気あいあいとした雰囲気で働いています。  

日本通運株式会社 静岡警送支店 キャリアプラン
警備業 先輩
Q.この仕事に就いてよかったことは何ですか?
A. 信頼しあうことの大切さ、コミュニケーション能力の重要性を学ぶことができました。また、安全に輸送するため、安全運転の知識や技術を講習や検定などを通じて習得できました。

Q. この仕事で学んだことは何ですか?
A. 貴重品運搬業務に携わってから、プライベートでも責任ある行動や言動が取れるようになりました。また連携が重要なので、コミュニケーションをとるよう、意識が変わりました。

吉竹 智城さん 静岡警送支店 警送課/常葉大学附属橘高等学校出身/2007年度入社